一眼レフ初心者が、衝動買いで、一眼を始めた件

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一眼レフ初心者が、衝動買いで、一眼を始めた件

2015年1月、某Y電機にて、一眼レフを衝動買いしてしまいました。初めて一眼レフを買う人、また一眼レフを始めた方に、後悔しないための参考情報として、自分の経験や感想を発信していきます。■現在は、宮崎県在住です。

【撮影スポット】宮崎県立平和台公園

今回は、宮崎県立平和台公園に行ってきました。

 

宮崎市内にある、自然豊かな公園

宮崎駅から、車で15分~20分くらいです。

駐車場は、第1駐車場から第3駐車場までありますが、空いていれば第1駐車場が便利です。ただ、自分が行った土曜日の昼過ぎは、満車でした(が、運よく駐車できました)。

 

公園の全体マップです。けっこうな広さです。

f:id:hop_step_nikubanare:20170219154829j:plain

 

見どころ①:平和の塔

第1駐車場から入ってすぐの芝生広場のところにあるのが、「平和の塔」です。

f:id:hop_step_nikubanare:20170219160218j:plain

 

1964年の東京オリンピック聖火リレーの起点となったとのことです。

f:id:hop_step_nikubanare:20170219160551j:plain

 

展望台から日向灘が一望できるということで、登ってみました。

f:id:hop_step_nikubanare:20170219161616j:plain

 

f:id:hop_step_nikubanare:20170219161928j:plain

 

なんだか歴史があるなと思ってググってみると、戦前か

らあるとのこと。

詳しくは、ウィキペディアをご参照ください。

八紘之基柱 - Wikipedia

 

安定の宮崎クオリティ

展望台に上るため、裏側に回ってみると・・・

 

 

f:id:hop_step_nikubanare:20170219162300j:plain

 

工事現場にある、矢印。こういったところが、宮崎らしいですね。。。

 

裏側の階段を昇ったらすぐに、展望台に到着。こんな感じです。

なんか、宮崎らしいです。

 

 

f:id:hop_step_nikubanare:20170219162321j:plain

 

展望台から下を眺めると、何やら、手をたたく人々が。

f:id:hop_step_nikubanare:20170219162336j:plain

 

石の上に立って手をたたくと、反響して「ビーン」て音がするそうです。

f:id:hop_step_nikubanare:20170219162828j:plain

 

意外と簡単に、「ビーン」って反響します。

f:id:hop_step_nikubanare:20170219162838j:plain

 

見どころ②:はにわ

一応、見どころです。はにわ園という、ひたすらにはにわが400体。

f:id:hop_step_nikubanare:20170219163053j:plain

f:id:hop_step_nikubanare:20170219163109j:plain

f:id:hop_step_nikubanare:20170219163140j:plain

f:id:hop_step_nikubanare:20170219163154j:plain

 

f:id:hop_step_nikubanare:20170219163224j:plain

もののけ姫みたいです。

f:id:hop_step_nikubanare:20170219163242j:plain

 

そして、はにわ園の横にありました、はにわ館。

f:id:hop_step_nikubanare:20170219163315j:plain

 

しかし、ちょうど休館でした。。。

f:id:hop_step_nikubanare:20170219163334j:plain

 

f:id:hop_step_nikubanare:20170219163723j:plain

 

見どころ③:自然散策路

宮崎市内からすぐに行けて、自然や野鳥観察が楽しめます。

コースもしっかり整備されていて、一度は訪れてほしいと思いました。

f:id:hop_step_nikubanare:20170219165102j:plain

f:id:hop_step_nikubanare:20170219165128j:plain

f:id:hop_step_nikubanare:20170219165155j:plain

f:id:hop_step_nikubanare:20170219165225j:plain

 

野鳥観察場もあります。

f:id:hop_step_nikubanare:20170219165243j:plain

 

こんなやぐらが3か所あります。

f:id:hop_step_nikubanare:20170219165306j:plain

f:id:hop_step_nikubanare:20170219165324j:plain

 

第3展望やぐらからの眺め。

 

f:id:hop_step_nikubanare:20170219165543j:plain

f:id:hop_step_nikubanare:20170219165424j:plain

f:id:hop_step_nikubanare:20170219165450j:plain

第1展望やぐらからの眺め。

f:id:hop_step_nikubanare:20170219165349j:plain

 

見どころ(番外編):大すべり台

大すべり台があります。楽しそう。

f:id:hop_step_nikubanare:20170219165928j:plain

f:id:hop_step_nikubanare:20170219165953j:plain

 

が、やっていませんでした。

扉破損のため?湿っていて?両方の理由で?

とりあえず、今は利用できないようです。

f:id:hop_step_nikubanare:20170219170129j:plain

f:id:hop_step_nikubanare:20170219170105j:plain

f:id:hop_step_nikubanare:20170219170154j:plain

 

スポット情報

場所: 宮崎県立平和台公園

住所: 宮崎県宮崎市

アクセス: http://h.park-miyazaki.jp/accessmap.html

撮影時期: 2017年2月

【焼酎レポート】★★☆☆/天保の蔵 甘露 薄にごり(京屋酒造)

本日のレポートは、京屋酒造さんの「天保の蔵 甘露 薄にごり」です。

 

お酒は、出会った時が買い時

京屋酒造さんと言えば、「かね京かんろ」やかの有名な「甕雫」、そして自分の好きな「河童の誘い水」など、色々ありますね。

 

そんな中、今回は、こちらの「甘露」です。

 

f:id:hop_step_nikubanare:20170219143857j:plain

f:id:hop_step_nikubanare:20170219143901j:plain

 

実は、ほかの焼酎を買うつもりだったのですが、その焼酎がちょうど酒屋さんで売り切れで、代わりのものを探していたところ初めて出会いました。

 

お酒は、出会いったときが買い時、ということで試しに買ってみました。

 

芋の香りが強めで、奥行きのある味

こちらの焼酎は、芋が違います。黄金千貫が一般的ですが、こちらの焼酎は宮崎紅寿芋を使っているそうです。(その説明を読んだからかもしれませんが、)確かに、飲んだ後味が、一般的な焼酎よりも少し芋の香りが強い気がします。

 

説明書きにも、「芋焼酎本来の香り甘みを引き出し」とあります。確かに、そんな感じがします。(が、素人なので、言われたらそんな気がする、というやつかもしれません。)

 

 

f:id:hop_step_nikubanare:20170219144600j:plain

 

黒霧島や木挽きブルーが好きな人には、少し癖があって飲みにくいかも。

よく飲まれている黒霧島や、最近流行りの木挽きブルーのように、芋臭さを抑えた飲みやすい焼酎に比べると、若干ですが芋臭さがあります。好きな人には、「芋の甘い香り」と感じますが、あっさりが好きな方には少し「芋くさい」と感じられるかもしれません。

 

大衆向けというよりは、焼酎が好きな人が、気分を変えて飲むのにちょうどよい焼酎だと思います。自分はもちろん好きですが、おすすめ度という点では、ふつうという採点です。

 

京屋酒造さんは、大衆向けから、焼酎好き向けまで、色々あって楽しいです。また違う焼酎を買って飲んでみたいと思います。

 

京屋酒造

場所:宮崎県日南市

ウェブ:http://www.kyo-ya.com/

 

 

【焼酎レポート】★★★☆/幸蔵(幸蔵酒造)

第二弾は、幸蔵(こうぞう)です。

 

芋なのに、臭みがなく、切れがある

芋焼酎ですが、芋臭さが少なく、飲みやすいです。

後味もすっきりとし、切れがあり、万人受けする焼酎という印象です。

首都圏ではなかなか手に入りづいらようですが、宮崎では、マックスバリューなどのスーパーでも手に入りますので、プレミア感は少ないでね。

 

癖になる味かというと、そうではなく、呑んべいにとっては少し物足りないということで、星3つです。

とはいえ、おいしい焼酎ですので、一度はぜひ飲んでいただきたいです。

 

f:id:hop_step_nikubanare:20170205235114j:plain

f:id:hop_step_nikubanare:20170205235121j:plain  

f:id:hop_step_nikubanare:20170205235125j:plain

 

幸蔵酒造

場所:宮崎県串間市

ウェブ:http://www.kouzou-shuzou.co.jp/

 

 

 

 

 

【焼酎レポート】★★★★/杜氏潤平(小玉醸造)

記念すべき最初のレポートは、小玉醸造さんの杜氏潤平(とうじじゅんぺい)です!

(勝手な)評価については4段階で記載しています(以下記事をご参照ください)。

 

hop-step-nikubanare.hatenablog.com

 

 

一升瓶で常備したい、おすすめの焼酎

おいしい焼酎です!塚田農場でも飲めるため、関東でも飲むことができる焼酎です。

芋焼酎ですが、芋臭さはなく、料理にもマッチします。文句なしで、★4つです。

一家に一本は、常に常備しておきたいですね。

f:id:hop_step_nikubanare:20170205232327j:plain

f:id:hop_step_nikubanare:20170205232352j:plain

f:id:hop_step_nikubanare:20170205232449j:plain

 

飫肥の蔵でも買える!

宮崎市内の酒屋さんでも買えますが、日南市飫肥にある蔵でも、購入可能です!

蔵の近辺は、九州の小京都ととして有名(?)な飫肥城下町ですので、観光のついでにぜひ寄ってみてはいかがでしょうか?

 

ちなみに下の写真は、小玉醸造さんの蔵と同じ通りにある「ギャラリーこだま」で食べた「かつおの炙り重」です。こちらの感想も、別の機会に書きたいと思います。

f:id:hop_step_nikubanare:20170205233832j:plain

 

小玉醸造

場所:宮崎県日南市

ウェブ:http://www.kodamadistillery.co.jp/

 

【焼酎レポート】宮崎の焼酎の感想を、勝手に述べていきます。

出身は関東ですが、現在は宮崎に住んでおります。宮崎に引っ越してきたときから、焼酎を愛飲しています。ということで、このブログでは、一眼レフ関係に加えて、焼酎についての感想も勝手に述べていきたいと思います。

 

宮崎の焼酎メーカーは、37蔵

宮崎県の酒造組合には38蔵が加盟しておりますが、うち37蔵が焼酎です。

(ちなみに、残りの1つは、延岡市にある千徳酒造さん(清酒)です。)

 

首都圏には出回らない小さな酒蔵さんの焼酎も、宮崎だと手に入ることがよくありあすので、そういった珍しい焼酎(いわゆる、プレミアム焼酎)も、たくさん飲んで、たくさんご紹介したいと思います。

  

www.dareyami.jp

 

4段階で感想を述べていきます

ということで、4段階で感想をメモしていきたいと思います。

 

★★★★・・・おいしい!一升瓶で買いたい!

★★★☆・・・なかなか。おすすめ◎

★★☆☆・・・ふつう。

★☆☆☆・・・なるほどね(自分からは飲まないかな...)

 

ご参考になればと思います。

 

【お店レポート・宮崎】PiSOLiNO(ピソリーノ)大塚店

本日は、宮崎市内にあるPiSOLiNO(ピソリーノ)に行ってきましたので、そのレポートです。

 

PiSOLiNO(ピソリーノ)大塚店 に行ってみた

今回行ったのは、宮崎市大塚にある、ピソリーノ大塚店です。

(後から知りましたが、)熊本に本店があり、宮崎県内には

・大塚店 と、

・ェニックスリゾート店(柳丸)

の2店舗があります。

 

店舗一覧 :: 菜園ブッフェ ピソリーノ|熊本・福岡・佐賀・宮崎・鹿児島

 

今回行ったのは、大塚店(宮崎市大塚町天神後2662-1)です。

 

わかりやすい場所

初めて行きましたが、場所はわかりやすいです。鮮ど市場大塚店の向いにあります。

f:id:hop_step_nikubanare:20170205181214j:plain

 

駐車場も、表側に十数台と、裏にも二十台くらい停められます。

f:id:hop_step_nikubanare:20170205181344j:plain

 

料金体系は、こちらのHPにも載っておりますが、

・Standardコース (ピッツァ、パスタ、ビュッフェ、ドリンクバー)

・Betterコース (Standard+ハンバーグ)

・Besst (Standard+ハンバーグ+ステーキ)

という3つの選択肢があります。

 

今回ははじめてということで、無難にStandardコースにしてみました。

 

f:id:hop_step_nikubanare:20170205181723j:plain

 

11時30分を過ぎると、急に混んでくる

入店した11時15分ごろは、まだそんなにお客さんがいませんでしたが、11時30分を過ぎると、急に混んできました。

12時過ぎには満席近くになっていました。

(写真は、11時20分ごろです)

f:id:hop_step_nikubanare:20170205182316j:plain

 

入口すぐ左のところに、ピザ窯がありました。すべてこちらで焼いているそうです。

f:id:hop_step_nikubanare:20170205182414j:plain

 

ピッツァ、パスタは席で注文し、ビュッフェは自分で取りに行く、というスタイルです。

メニューは、こんな感じです。最初にピッツァ・パスタをひとつずつ頼み、料理が来るまでビュッフェを食べてました。

Menu :: 菜園ブッフェ ピソリーノ|熊本・福岡・佐賀・宮崎・鹿児島

 

ビュッフェは、下のような感じです。

f:id:hop_step_nikubanare:20170205182516j:plain

 

から揚げやチキンNAMBAN(南蛮)、麻婆豆腐などありました。

 f:id:hop_step_nikubanare:20170205182535j:plain

 

反対側です。サラダや天ぷら、ラーメンなどもありました。

f:id:hop_step_nikubanare:20170205182543j:plain

 

ピッツァは26cm、パスタは70g

ビュッフェを食べ終わったくらいで、最初のピッツァが運ばれてきました。こちらは、ハーフアンドハーフ(マルゲリータ&マリナーラ)です。二人でシェアして食べましたので、ちょうどよいサイズです。

f:id:hop_step_nikubanare:20170205183811j:plain

 

そしてこちらが、ペペタマ(卵のペペロンチーノ)です。

比較用にチーズを置きました。70gって、けっこう多いですね(汗)これも二人でシェアしましたが、一人で食べるとすぐにお腹いっぱいになってしまう量です。

湯で加減がアルデンテぎみということもあり、想像以上にお腹にたまります。

f:id:hop_step_nikubanare:20170205184153j:plain

 

計画的に頼まないと、テーブルいっぱいに冷えたパスタ・ピッツァが…

12時を過ぎたころには、お店も満員近くになります。そして、ここで注意しておきたいのが、パスタやピッツァを頼むタイミングです。

お店が混雑するにつれて、料理が出てくるスピードも落ちてきます。

計画的に頼んでおかないと、なかなか料理が来ないどころか、まとめて何皿も来てしまいます。冷めてしまうとおいしさ半減ですので、ぜひ計画的に頼んでください。

f:id:hop_step_nikubanare:20170205184415j:plain

f:id:hop_step_nikubanare:20170205184407j:plain

 

行くなら11時30分までに行くのが、おすすめ

味は、食べ放題にしてはなかなかおいしく、また行きたいですね。12時近くになると、お店が混んでしまいますので、11時30分くらいまでに行くのがおすすめです。時間無制限ですので、早めに行って、ゆっくり食事を楽しんでください。

 

PiSOLiNO(ピソリーノ)大塚店

訪問時期: 2017年2月(日曜日)

アクセス: 

  

【撮影スポット】清澄庭園

今回は、都立庭園のひとつ、清澄庭園をご紹介します。

 

いざ、清澄庭園

ポケモンGOヒトカゲの巣でも有名になった清澄庭園。最寄駅は清澄白河駅です。駅を降りるとすぐに、看板が出てきますので、迷わずに行けます。

f:id:hop_step_nikubanare:20170116223916j:plain

 

入園してまず目に入ってくるのが、かずかずの大きな石。岩崎弥太郎が全国から石を集めたそうで、こんな庭石がたくさんあります。

f:id:hop_step_nikubanare:20170116225020j:plain

 

入園料150円ですが、それ以上に撮影のし甲斐があります!

f:id:hop_step_nikubanare:20170116225329j:plain

f:id:hop_step_nikubanare:20170116225352j:plain

 

この日一番お気に入りの写真。

f:id:hop_step_nikubanare:20170116225706j:plain

 

初心者でも、いい感じの写真がかんたんに撮れちゃいます。

f:id:hop_step_nikubanare:20170116225731j:plain

カメが4匹、日向ぼっこしていました。

f:id:hop_step_nikubanare:20170116225746j:plain

 

そして、「磯渡り」からの一枚。ローアングルで撮影しました。kiss X7iのバリアグルモニタを駆使して撮影。

f:id:hop_step_nikubanare:20170116230034j:plain

 

友人・恋人と行っても十分楽しめますし、一人でも気にならずに撮影できます。みなさん、ぜひ一度訪れてみてください。

 

スポット情報

場所: 清澄庭園

住所: 東京都江東区 

撮影時期: 7月

アクセス: http://teien.tokyo-park.or.jp/contents/access033.html